2015/03/31

雑記

rakugaki592.jpg

28日、七針でライブ。新曲も出来たのでほっとした。
タイバンした黒岡さんとは、かなり昔に円盤でお会いしていて、
その時、たしか僕が渋澤龍彦の話した事を思い出した。
4人でのライブ、のびのびしていたし、曲もとても良かった。
アパートメントさんも、ハラさんも素敵な演奏で、なんだか嬉しい一日でした。

29日、足利市の漫画即売会で、黒つぐみのスペースに漫画を置かせてもらって参加。
アットホームな感じで楽しかったです。イベント内で、日高ロンドン出身くんが歌っていたのですが、
残念ながら、観に行ったときに丁度演奏が終わっていました。少し話せてよかった。
2015/03/25

色々雑記

DSCF0989[2]

ちゅんちゅん、アニュウリズムのラインスタンプ、
引き続きよろしくお願いします、ちゅん。

25日、水野健一郎さんの展示を見に行く。
カンバスにプリントされた作品から、セル画の様な作品、紙に描いたドローイング作品と、
様々な手法の平面作品から、グッズなども色々あって凄く見ごたえがあった。
そして、水野さんの描く線は凄く繊細で美しくて、とても素敵です。

24日、クークーバードで催されていた田口さんのレコード寄席に行く。
今回は、ムードコーラス特集だったのだけれど、
その歴史の説明を聞きながら、名曲達を色々聴けて楽しかった。
昔の音源の、リヴァーヴとかエコーって、アナログレコードで再生されることによって
凄く暖かみが増して、何か自分の記憶の眠っている部分が、ぼわんと刺激される感じが良いです。
2015/03/24

kuroiso

IMG_0271.jpg

先日、青春18きっぷを使い、10時間かけて宮城に限りなく近い、
私の田舎の福島のとある町にへ向かったのですが、
黒磯から郡山に向かう電車の中で、
近くにいたヒップホップに、傾倒する若者二人の様子が、
なんだか気になったので、ここに記しておきます。

「おいおい寝るな、勿体無いぞ!」

と、一人が眠ろうとしているところを、もう一人が、
「せっかく東北へ行くのだから、道中の電車から見える景色を見ないと勿体無い!」
と言った風に、起こしているのを見かけました。
聞いていると、二人とも関西弁で話していたので、
これからライブのツアーで関西から東北へ向かっているのカナ。などと勝手に想像して、
心の中で、ライブ頑張れよなどと、応援してみたりもしました。

しかし、若者二人はその会話から、
10分もしないうちに、スヤスヤと眠り込んでしまったのです。
二人の代わりに、しっかりと道中の風景を心に刻み、郡山へと向かったのでした。
2015/03/20

制作

sakuhin20150319[1]

臆病だけれどパンクスで、
いいかげんなんだけれど、神経質で、
とろいんだけれど、せっかちで、
怒るのが苦手なんだけれど、意外と短気で、
厭世的だけれど、皆と仲良くしたくて、
人に気を使うけれど、気が付かなくて、
絶望するけれど、どうしても生きたくて、
そんな、アニュウリズムを今後ともよろしくお願いいたします。
2015/03/15

制作

test20150315.jpg

ついにコツコツ作り上げた、ラインスタンプを販売できるようになりました。
ラインを活用している方は、是非ともヨロシクお願いいたします。
たのむ、超たのむ辺りは、結構、会話で小粋に使えるのではないでしょうか。
2015/03/13

制作

rakugaki589.png

明日13日は秋葉原クラブグッドマンでライブです!甲斐さんとやります!
2015/03/12

漫画

manga20150309.jpg

漫画「クリーチャーうどん」
2015/03/07

田舎

DSCF0987[1]

二泊三日で、田舎の福島県に行ってきました。
色々と感慨深かったです。少ししたら、行ってきた感想を書きたいと思います。
2015/03/01

感想

DSCF0901[2]

レンタル屋で借りた「インサイド・ルーウィン・デイヴィス」という、
コーエン兄弟の作った映画を観ました。
全編で凄く印象的な映像の撮り方というか、
あまり他の映画で見ないような演出が良かったです。
夜の霧がかったシーンが特に心に残りました。
主人公ルーウィン・デイヴィスと同じく、音楽をやっている自分にとって、
なかなか酷なストーリーでしたが、非常にリアリティがあり、
かつ、コーエン兄弟のセンスに溢れた映画の内容になっているので、
まだ観ていない方は、お勧めですので観てみて下さい。